HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  機動戦士ガンダム00Ⅱ  »  機動戦士ガンダム00Ⅱ 最終章 Dパート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダム00Ⅱ 最終章 Dパート

ダブルオー

ヴェーダを奪還し、セラフィムガンダムでもう敵の行動を制約しました。
これで、戦争が終わると思いきや、リボンズによりセラフィムは破壊されてしまいました。



ダブルオー

リボンズ「イオリアの計画、来るべき対話、人類を導くのはこの僕"リボンズ・アルマーク"だ」



ダブルオー

刹那「貴様の思想は歪んでいる!そこまで人類を支配したいのか!?分かり合う気はないのか!?」
リボンズ「ないね!戒めにJRのダイヤを乱してやる!」
刹那「やめろ!そんな微妙な介入のせいで画面上がっっ」




ダブルオー

リボンズ「導くの事は必須条件。そうしないと人類は滅びてしまうのさ。人間が自分達の都合で動物たちを管理するのと同じさ」





ダブルオー
ダブルオー

刹那「そんなことはない!貴様が行った再生をこの俺が断ち切る!刹那Fセイエイ!ダブルオーライザー目標を駆逐する!」




ダブルオー
ダブルオー

リボンズ「純粋種のイノヴェイターの君に打ち勝てば、僕の有用性は不動のものとなる。リボンズ・アルマーク、リボーンズキャノン、行く!」







ダブルオー

ロックオンことライルはアリー・アル・サーシェスを倒し、兄ニールの敵を撃ちました。


ライル「(アニュー、お前のおかげで人と人とが分かり合える世界も不可能じゃないって思えたんだ。だから世界から疎まれても、咎めを受けようとも、俺は戦う!」




ダブルオー

ロックオン「ソレスタルビーイングのガンダムマイスター”ロックオン・ストラトス”として!)」








ダブルオー

マリーはガンアーチャー中破で負傷し、医療ポットで安静を余儀なくされました。


ダブルオー

アレルヤ「マリー、行って来るよ。まだ刹那が、仲間が戦ってるんだ。そして今度こそ終わらせる。この戦いを、世界を救うんだ。」

アレルヤは再び戦場へと戻ります。









ダブルオー

その頃プトレマイオスでは次の行動へと移行していました。
それは刹那を助ける為のある作戦です。




ダブルオー

スメラギ「トライアルフィールドの中で動ける敵がいるなんて・・・」
ビリー「彼しかいない、イノヴェイターを超えたイノヴェイター”リボンズ・アルマーク”。」



ダブルオー

スメラギ「え、古谷とおる?」
フェルト「蒼月のぼるですよスメさん」
スメラギ「スメさんって最終回でそんなあだ名って・・・」
ビリー「中の人の話はやめようよ、二人とも。」
ドリ子「お前もタケシの癖に生意気ですぅ」






ダブルオー

そんなこんなでリボンズの存在を知ったクルーたち。
刹那のバックアップにはこれしかなさそうです。



ダブルオー

スメラギ「リペア2の整備を急いで!」
ラッセ「あれを使うのか!」



スメラギさんは次々と注文をし始めました。












ダブルオー

ついに刹那とリボンズの世界をかけた戦いが始まりました。
リボンズのリボーンズキャノンは強力なビームを乱射します。しかし刹那のダブルオーライザーも負けていません。


ダブルオー

華麗に避け、リボンズへと距離を縮めていきます。

刹那「ここは俺の距離だ!」



ダブルオー

ジャキン
ドカ!


しかし、刹那は吹き飛ばされました。
ビームサーベルを所持しているようですが、なにやら様子がおかしいです。









ダブルオー

ゴゴゴゴ



ガシャン

ダブルオー

シャキーン




ダブルオー

刹那「あれは、ガンダム!」
リボンズ「ツインGNドライブがあるのは君だけじゃない、僕の”リボーンズガンダム”にもそれはあるさ」




ダブルオー

リボーンズキャノンは変形しリボーンズガンダムへとなりました。




ダブルオー

リボンズ「これこそが、人類を導く”ガンダム”だ!!」





ダブルオー
ダブルオー

刹那のダブルオーライザーと同等の力を持つリボーンズガンダム。
そこに援軍で緑丸と紫丸も登場です。




ダブルオー
ダブルオー
ダブルオー

紫丸「援護しますよリボンズ」
緑丸「ヴェーダのバックアップがなくたって、人間なんかにィ!」





ダブルオー

ロックオン「刹那!」



ダブルオー

ハレルヤ「アッハッハッハー!」
刹那「ロックオン!アレルヤ・・・さん?」




ダブルオー

こちらも援軍が来ました。
2人はロックオン、ハレルヤに任せて刹那はリボンズを攻めます。





ダブルオー

ハレルヤ「超兵復活と行こうぜェエ!アレルヤァ!!」


ダブルオー

アレルヤ「戦うさ、僕たちの行動に未来がかかっている!」



ダブルオー

緑丸「は、速い!!」




ダブルオー

ハレルヤ「ヴェーダに依存しっぱなしで俺達に勝てるわけねぇだろォオ!!」



ダブルオー

緑丸「ヤャッ!助けて!リボンz・・・!!」





ダブルオー

アレハレは緑丸を撃破。この二人を止められる者はそうそういないはずです。







ダブルオー
ダブルオー

こちらは機体のダメージの差でロックオンは少し荷が重い状況です。
片目を負傷しながらもロックオンは戦います。




ダブルオー

ロックオン「ハロ!トランザムの残り時間は!?」
ハロ「1セコンド可能!1セコンド可能!」
ロックオン「1セコンド!?何秒だ!?分からん!」
ハロ「とりあえず大丈夫だってことだよ!使っちまえ相棒ォ!!」
ロックオン「上等ォオオオオオ!!」







ダブルオー

ロックオンは相手の攻撃時にカウンターでトランザムを瞬時起動。
それで相手の真後ろに付きました。


ダブルオー

紫丸「んなにぃ!!?」





ダブルオー

ドガガガガガガガガガガガガガガガガ





ダブルオー

ロックオン「アニュー・・・やったぜ・・・。」


ロックオン紫丸を、アニューを操っていた者を倒しました。










ダブルオー

プトレマイオスは煙幕を巻いて、刹那の援護をします。



ダブルオー

ビリー「仲間の彼にも邪魔じゃないかい?これは・・・」
スメラギ「・・・刹那なら大丈夫よ。大丈夫大丈夫!絶対大丈夫!・・・、多分。・・・彼を信じましょう」

フェルト「マジこいつ邪魔しかしてねぇ!」




ダブルオー

スメラギの煙幕でリボンズは怯みました。
刹那は煙を使い戦いを上手く進めていきます。






ダブルオー

リボンズ「無駄な小細工をして!」




ダブルオー

リボンズ「君のその力、オリジナルのGNドライブの恩恵があればこそだ。返してもらうぞ!」
刹那「誰が!!」



ダブルオー

リボンズ「そうさ!そうでなければ僕が作られた意義がない!存在する意味も・・・」




ダブルオー

ティエリア「違う!」
リボンズ「ティエリア・アーデ!?ヴェーダを使って・・・!」




ダブルオー

ティエリア「人類を導くのではなく、人類とともに未来を作る。それが僕達イノベイドのあるべき道だ!」




ダブルオー

リボンズ「ふざけるな!下等な人類などと一緒に?笑わせるな!」



ダブルオー

ティエリア「そうやって人を見下し続けるから、解り合えない!」



ダブルオー

リボンズ「・・・・・その気はないよ!トランザム!」





リボンズの考えは変わるはずがありませんでした。
なぜなら彼は始めから人類など見ようともしていなかったのです。
彼は自分以外のすべてを同等とは見ようとしなかったのです。誰一人として。




ダブルオー

刹那「トランザム!」

二人の戦いはトランザムでさらにヒートアップします。
リボンズの巧みなテクニックと武装に、刹那は徐々に対応していきます。





ダブルオー

リボンズ「量子化しただと!?」
量子化した刹那はリボンズに背後に回りこみ、一撃を振りかざします。
それに負けじとリボンズもダブルオーライザーの左肩を攻撃しました。




ダブルオー

刹那「たぁあああああ!」
リボンズ「このぉおおお!」



二人の斬り合いで2機は大破しました。






ダブルオー

リボンズはダブルオーライザーの片方のGNドライブを持ち逃げして体勢を立て直します。




ダブルオー

リボンズ「ついに手に入れたぞ、オリジナルのGNドライブ。」

そしてリボンズはある機体を目にします。




ダブルオー

リボンズ「これは! ・・・運命だ。」











GNドライブの付いた片腕を切り離されたダブルオーライザーはもう動きません。
どうする刹那Fセイエイ?


ダブルオー

刹那「・・・・あれは・・・。」











ダブルオー

リボンズはエネルギー切れで乗り捨てたラッセのOガンダムに奪ったGNドライブを装着。
これで刹那の息の根を止めに行きます。




ダブルオー

リボンズ「ツインドライブのダブルオーライザーはもう動けない。どこだ!どこにいる刹那Fセイエイ!」





見つけたダブルオーにはGNドライブが付いていませんでした。

ダブルオー

リボンズ「どういうことだ?太陽路がない。」











リボンズ「まさか・・・、まさか!」





彼方から向かってくる機体が1機。この機体は・・・・












ダブルオー

刹那「ガンダムエクシアっ・・・」


ダブルオー

刹那「刹那・F・セイエイ、”未来を切り開く”!!」





ダブルオー
ダブルオー

リボンズ「この人間風情が!!」
刹那「はぁああああああ!」


2人の戦いは架橋へと突入していきます。









ダブルオー

刹那。



ダブルオー

この手紙を貴方が読むことはなくても、それでも貴方への想いを綴らせて下さい。





ダブルオー

クルジスの少年兵として戦いを強要され、戦場でしか生きることができなくなった貴方。



ダブルオー

平和を求める気持ちは、私も貴方も同じなのに、分かり合っているのに、どうして私と貴方の道は交わらないのでしょうか?





ダブルオー

貴方は武力を行使して、世界から争いを無くそうとしている。






ダブルオー

もしそれが実現できたとしても貴方の幸せはどこにあるのでしょう?






ダブルオー

罪を背負い、傷ついて、それでも戦い続ける、そんな貴方の生き方がどうしようもなく悲しく思えるのです。






ダブルオー

自分の中にある幸せを他者と共有し、その輪を広げていく事が本当の平和に繋がると私は考えています。




ダブルオー

だから、どうか貴方も、貴方の幸せを掴んで下さい。





ダブルオー

刹那、貴方に幸せが訪れることを私は願っています。

                マリナ・イスマイール









ダブルオー
ダブルオー


















ダブルオー

サジ「あの戦いから数ヶ月。ルイスの体を蝕んでいた細胞異常は完全に進行を止めた。これも刹那が放った光のお陰なのだろうか?」




ダブルオー

サジ「真実が、その理由が分からなくても、それでも彼女はここにいる。」


新しい連邦大統領も決まり、アロウズは解隊。
世界は変わり始めました。これから作っていくのです。ここから変わっていくのです。





ダブルオー

ルイス「サジ、世界はこれからどうなっていくのかな?」



ダブルオー
ダブルオー

サジ「正直分からない、でも僕達は無自覚ではいられないと思う。」



ダブルオー
ダブルオー

サジ「平和の中にいた僕らは現実を知り、戦いをしり、その大切さを知った。考える必要があるんだ、本当に平和を求めるなら、世界について考えることが。」




ダブルオー

ルイス「・・・うん。(よく分からない、けど頷いておこう一応)」





ダブルオー

未来は人類に委ねられました。
それは来るべき対話まで。



ダブルオー

人類に変わる必要があるのです。人と人とが分かり合える世界を作る為に。外宇宙へと行く為に。




ダブルオー

しかし、大丈夫です。
人類が道を外したら彼らがいます。ソレスタルビーイングが。
彼らは全ての矛盾を抱えてでも、世界を人類のあるべき方向へと導いてくれるはずです。





ダブルオー

刹那「行こう。俺達はソレスタルビーング。戦争根絶を目指すもの。未来の為に存在し、戦い続けるんだ。」






ダブルオー

ダブルオー

機動戦士ガンダムOO~Ⅱ セカンドシーズン~ 完











































ダブルオー

End of the Childhood of Humankind
~劇場版へ続く~























~セカンドシーズンを視聴して~
劇場版へと続きます。
正直詰め込みすぎというのはありましたが、ちゃんと頑張って回収してたのでいいのではないでしょうか?
とにかく最後のエクシアvsOガンダムの戦いは燃えましたね。

イオリア計画の真の目的「来るべき対話」とは何なのか、劇場版で明らかになります。
監督曰く「ガンダムではやってはいけないこと」をするらしいので、気になる人はぜひ劇場版へ足を運びましょう。

ちなみに私はすでに観に行きました。本当に「やってはいけないこと」をやってました。
私が思うには「ガンダムの定義」が特にないので、私の言葉で言うならば「今までガンダムでやらなかった事をやった」という方が正しいのかなと思います。

セカンドシーズンのレビューこんなに期間が空いてしまいました事をお詫びいたします。
どうも熱くなると細かく書いてしまって遅くなって、ダレて止まってしまうのです。
次アニメのレビュー書くときは凄くテキトーに書きますww



それではここまで見てくださった皆様、少しでもこんなレビューを見てくださった皆様、ありがとうございました。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
マエケン包囲網 - カープBOM! Mk-Ⅲ 愛猫レオンとシネマな毎日: 最新公開映画から単館系映画までワタシ的コメントが中心!とにかく劇場で見てます!愛猫レオンも登場! 日本酒BAR*銀の雪*: 札幌に実在するお店『日本酒BAR*銀の雪*』ママのブログ。全国の美味し...
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ユキ・イオリ

Author:ユキ・イオリ
『今まで仕事頑張ったからほんの少し羽を伸ばそう!」と言ってから、3ヵ月が経過。未だに羽を伸ばし続けている』

アニメ、漫画のレビューを書いていきます。

最新ランキング
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
カテゴリー
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。