HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  いろいろレビュー  »  とある科学の超電磁砲

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある科学の超電磁砲



とある科学の超電磁砲の第3巻である。


とある魔術のインデックスの外伝もついに3巻になった。本編(漫画)の方もついに外伝の主役ミコトの出場回数が増えてくるらしい話に入った(読んでないので分かりません、ミコトが沢山いたのでそこで判断)ので、今巻で完結かと思い楽しみな半分残念な気持ちであったが、そんなことはなかったぜ。



「幻想御手編」の完結ということで、犯人木山の犯行に至るまでのいきさつやミコトの本領発揮など見所満載の一冊になっている。


今回の話は能力者のレベルを上昇させる”レベルアッパー”を使う人々の心情も見所の一つであったため、その後の話「とある学徒の後日談集」も収録されており、レベルアッパーに手を染めた人々のその後の行方もしっかりと描かれている。

さらに番外の番外編、白井黒子と初春飾利の訓練生時代の話も収録されている。初春と黒子がどのように出会ったのか興味がある方はぜひ購入をオススメする。
表紙カバーを外すと黒子がミコトに惚れる(所謂百合)までの流れが日記形式で記されている。最近百合気味に仕上がってきている超電磁砲が私は心配だが、ここまでならセーフ。いいよいいよ、ここから水平でねー。


4巻から新編に入るので集める人は今がちょうど良いかもしれない。3巻なのですぐ集まるしね。

そういえば今回トウマ君は1コマもでなかった、本編で忙しいのだろうか?

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ユキ・イオリ

Author:ユキ・イオリ
『今まで仕事頑張ったからほんの少し羽を伸ばそう!」と言ってから、3ヵ月が経過。未だに羽を伸ばし続けている』

アニメ、漫画のレビューを書いていきます。

最新ランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
カテゴリー
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。