HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  機動戦士ガンダム00Ⅱ  »  機動戦士ガンダム00Ⅱ 第3話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダム00Ⅱ 第3話

アロウズ兵「マリナ・イスマイール、あなたはCBの一人と接触したことがあるようですね?」

OO

マリナ「(出番キター!)」




OO

マリナ「そうです、私は4年前にCBの一人と会いました。ええ!?私を監禁するですって!?なるほど、だからあなた達はこの王女である私を捕らえてCBを誘き出そうというのですね?分かりました、これでは捕まるしかありませんね、仕方ないのよ、そうなのよ、私は女々しく抵抗もむなしく捕まるしかないの。あぁ、私はどうなってしまうのだろう、一国の王女がさらわれたとなったら国がまた暴動を起こしてしまう、これが戦争なの?これが戦いということなの?私は国の平和を願い今まで戦ってきたというのに私のしてきたことはすべて無駄だったの?もう私にはどうすることもできない。早く・・・早く助けに来て刹那・・・」

アロウズ兵「え・・・まぁ・・大体そんなところです・・・・。・・・あなたを連行します!」










OO

ソーマ「こいつが危険体E-57、そしてCBの一員。」

アレルヤ「マリー、やっと会えた。」
ソーマ「? 私はソーマ・ピーリスだ」

アレルヤ「いや、マリーだよ。僕だアレルヤだ」
ソーマ「お前など知らん!」



なにこのアイドルに駆け寄る熱狂ファンみたいなクマ男、と思ったらCBのガンダムキュリオスのガンダムマイスターアレルヤ・ハプティズムでした。普通危険体なら即死刑が下ると思うんだけど、ここの人たちは優しかったようです。






OO

ティエリア「戦闘経験は?」
ロックオン「ないね♪」
ティエリア「刹那め、とんだ素人を連れてきたようだな」
ロックオン「ま、よろしく頼むぜ。指導員さん♪」






OO

ロックオンは戦闘経験はまったくのゼロでした。やはり彼はニールではない、本当のロックオンはもうここにはいない。しかし、そう見えてしまうフェルトは気になってしまいます。顔が、声が、仕草が、すべてあの人の思い出を掘り起こしてくる。かつて愛し、そして失った人がそこにいるように感じてしまうのでした。






OO

スメラギ「・・・あと五年は飲むぞ~」

スメラギさんは来て早々部屋に閉じこもってしまいました。




OO

ドリ子「困りましたね、どうします?」
ラッセ「ケツの穴に石ころでも突っ込んでみたらどうだ?案外気持ちよくて協力してくれるかもしれないぜ?」
おっさん「お前それ本気で言ってるのか?」






スメラギさんは刹那に無理やり連れてこられたから関係ないとダダをこねます。じゃぁビール飲むんじゃねぇよババア、”働かざるもの食うべからず”だと私は思います。飲んで寝ても飽きたので、最近はまっているMIXIをやり始めました。

OO

スメラギ「またコメント0だわー・・・結構力作だと思ったのに」


一生懸命書いた日記ほど誰も見向きもしてくれないものです。逆にめっちゃテキトーに書いた日記には予想以上にコメがきて返信が面倒くさいのです。MIXIとはそういうものなのです。









OO

ソーマ「なんだったんだ、あのアレルヤという奴は・・・。私はマリーじゃないっつの」

アレルヤを後にしたソーマは彼に呼ばれたマリーという名前に違和感を覚えます。知らないはずなのになにか引っかかる。これは一体なんなのか自分にも分からない。しかし、悩んでも仕方ないので今流行のMIXIを始めます。今頃の若者が流行に疎くては駄目だとのセルゲイからの謂れでした。





OO

ソーマ「今日も書いてるノリエガンダムさん。えーと、”今日は朝から飲んでばかりです。なんだか気持ち悪くなてきました。偶然とは言え久々の仲間に会えたのは嬉しいけどなんだか憂鬱( ´Д`)。だってみんなすっかり大人っぽくなっているんですもの。4年も経てばそりゃ変わるんだろうけど、さすがに自分の老いを感じたわ~(´・ω・`) 。しかも戦術予報士をまたやってくれって頼んできてもう大変よ。わたしはあの仕事から足を洗ったのよ、放っておいて欲しいわ。あー話したらスッキリした。また飲みに入ります。CBがなによー!ガンダムがなによー!”」


OO

ソーマ「戦術予報士ってなんだろう?でも、ノリエガンダムさんも苦労してるんだ。私も頑張らなきゃ!”私もさっき変な男にマリーとか呼ばれて超ブルーです。お互い大変ですが頑張りましょう”っと。」













すると謎のセレブワン・リューミンからアレルヤが捕まっているとの情報が送られてきました。

OO

ドリ子「はぅう!アレルヤさんって行方不明中のガンダムマイスターさんですよね?」

ラッセ「アレルヤ?」
フェルト「しらねー」
刹那「アレルヤ・・・?」
ティエリア「アレルヤ?」
スメラギ「お、コメントが1件来たわ」





ということでアレルヤ奪還作戦を考えることに、そしてこの任務を成功させるにはある人物の
協力が必要なのです。






OO

刹那「スメラギ・李・ノリエガ、俺たちに戦術プランをくれ。」

スメラギ「わ、私の予想なんて当たらないわ。あなた達を危険な目に合わせるだけよ・・・」

刹那「そうだ。4年前はお前のプランなんて俺は聞かなかったしな。おかげで今ここにいる。」
ティエリア「任務後に酒を勧めて来たし。まったくその後緊急戦闘になったらどうしてくれるって言うんだ」
フェルト「あなたの予想さえちゃんとしてればリヒティやクリスティナは死ななかった。」




OO

刹那「俺たちはもう、後悔しない!お前だけのせいにはしない!」

ドリ子「なんかボロクソに言ってますぅ・・」
ラッセ「ま、黙って傍観してようぜ」






OO

スメラギさんは応じてくれました。もう仲間を失いたくない。助けるのだ、自分の戦術予報で。フェルトから新しい制服を授かります。もちろん、漂白剤無使用の内藤選手が出演しているあの洗剤でふわふわ、ぴっしりです。










OO

作戦開始です。地球に下りたCBは戦艦ごと海に潜り、人工津波を発生。それにより、アロウズ基地は大混乱です。






OO

ガンダムマイスターは全機出撃。刹那とティエリアはアレルヤのいる塔に侵入し、アレルヤを助けに行きます。





OO

ロックオンは素人ということなので後方援護に回ります。

ロックオン「なぁ、兄さんはこういうとき何か言ってたか?」
ハロ「ネライウツゼ、ネライウツゼ」



OO

ロックオン「そうか。ケルディムガンダム、ロックオン・ストラトス”狙い撃つぜ!”」









刹那はアレルヤを救出しました。そしてアレルヤにGPS(?)を渡し、言います。
OO

刹那「そのポイントまで移動しろ。そこにお前のガンダムが来る!」








OO

突然のCBの攻撃にソーマ達は身動きが取れません。揺れる地面に手こずります。





OO

ドリ子「ま、負けないですぅ!」
フェルト「ドリ子てめぇちゃんと仕事しろやぁ!」
ラッセ「テンション上がってきたー!」









アレルヤは目的ポイントまで到着。なんと、そこには新たなガンダムが到着したのです。しかし、そこに遅れてソーマが追いかけてきたのでした。

OO

ソーマ「動くな、ソーマ・ピーリスだ!」
まさにジャック・バウアーです。




アレルヤ「いや、マリーだ!君は記憶をっ・・・!」



OO

ソーマ「なんだこのヴィジョンは?」




OO

ソーマを襲ったのは他でもない自分の奥深くに隠れていた記憶。知るはずもない記憶でした。私はソーマ・ピーリスではないのか?






その間にアレルヤはガンダムに乗り込みます。

OO

アレルヤ「マリー、あとで迎えに行くから、必ず!」




OO

アリオスガンダムの登場により、CBの戦力は凄まじくUPしました。これでマイスターは全員揃ったようです。作戦を終了したガンダム達は撤退していきます。






お見事CB、大勝利です。

OO

マリナ「助かったわ刹那・・・」
刹那「なんだお前!?」











OO

カタロン団員「CBの内通者から連絡で、マリナ・イスマイールがCBに連れてこられるのを目撃したらしい」

OO

シーリン「マリナ様が・・・!」


マリナ様がCBに?心配するシーリン。4年前の刹那の姿を思い出します。それにしてもCBの内通者とは一体誰なのでしょうか?









CBに久々に帰還したアレルヤはロックオンの姿を見て驚きます。

OO

アレルヤ「ロックオン!」
ロックオン「もう、その反応は見飽きたよ・・・」



OO

ティエリア「まったく変わっていないな。いや、変わらなくていい事もある。おかえり、アレルヤ・ハプティズム。」
目の下にクマがあり、頬を染めたアレルヤ。最終形態に突入しました。可愛い顔と酷い顔がラッシュを繰り広げています。



その頃刹那は・・・・


OO

マリナ「ありがとう刹那。悪の組織から私を必死に救い出してくれて・・・」
刹那「いや、助けたつもりはないんだが」
マリナ「しかし、なぜ戦わなければならないのかしら・・・。私達は戦う以外に道はないの?」






OO

刹那「・・・なぜ泣いている?」
マリナ「・・・あなたが泣かないからよっ」


刹那「あーもうなにがなんだか」


スポンサーサイト
Comment
おもすれぇwww
ユキヲさん才能ありすぎるw

笑いのネ申だよw
ライルはカタロンの所属っぽいね。

仮面の男はジャパニーズサムライになっちゃってるしwww
>奈々氏さん
ありがとう。頑張って書いた甲斐があった!

>トレーテンさん
神は言いすぎだろうwでも嬉しい。ありがとう!

>レーツェルさん
そうっぽいね。後にちゃんとCBとして戦ってくれる展開にwktkしてる
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ユキ・イオリ

Author:ユキ・イオリ
『今まで仕事頑張ったからほんの少し羽を伸ばそう!」と言ってから、3ヵ月が経過。未だに羽を伸ばし続けている』

アニメ、漫画のレビューを書いていきます。

最新ランキング
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
カテゴリー
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。