HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  とらドラ!  »  とらドラ! 第1話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とらドラ! 第1話

 この世界には誰一人、見たことがないものがある。それは優しくて、とても甘い・・・。多分見ることが出来たなら、誰もがそれを欲しがるはずだ。
 だからこそ世界はそれを隠したのだ。そう簡単に手に入れられないように。
だけどいつかは、誰かが見つける。
手に入れるべき、たった一人がちゃんとそれを見つけられる。

そういう風にできている



とらどら







とらどら

この罪人顔の彼の名は 高須 竜児 。しかし根は優しい奴で、この親譲りの恐顔のせいで初対面にはよく不良と勘違いされているのです。今日の登校中もカツアゲされたと勝手に勘違いされお金を渡されました。





とらどら

この恐顔の竜児に気軽に振舞う男は 北村 祐作 。学校の中でも数少ない竜児の素を知るものです。ちょっと変態チックな所もあるが、いい奴なのです。



今日から新学期。クラス替えで高須はぼやきます。

とらどら

竜児「またクラス全員の誤解を解くところから始まるのか・・」
北村「全員じゃないさ、俺がいるだろ」
竜児「・・・そうだったな。」



会話からするに二人の絆は深そうです。






櫛枝「北村君おはよー」
北村「オッス、櫛枝。」


とらどら

彼女は 櫛枝 実乃梨 。ソフトボール部のキャプテンをしています。北村も同じソフトボール部なので友人なのです。そして、竜児が密かに想いを寄せている相手でもあるのです。





とらどら

櫛枝「・・・高須君だよね?あたしのこと覚えてる?何度か北村君の周りでニアミスしてるんだけど。」
竜児「く、櫛枝 実乃梨・・だろ・・・。」
櫛枝「あらまーフルネームで覚えてくれちゃって、嬉しいかもー」







とらどら

そういうと櫛枝と北村は教室に消えました。櫛枝に話しかけられたこともあって竜児はニヤけます。今日は何かいい事ありそうだ。






とらどら

すると何かにぶつかりました。見てみるとそれはそれは小さな女の子でした。




とらどら

竜児「(ちっさ!人形みてぇ・・)」




女の子A「て、手乗りタイガー!不良の高須と手乗りタイガーの対面だわ!」
竜児「手乗り?・・・・」


とらどら

手乗りタイガーとはどうやらこの子の異名らしいです。確認してみると、確かに凶暴そうだけど、ミニサイズなのが分かります。






とらどら

竜児「あー!なるほどぅおっ 」





とらどら

彼女は 逢坂 大河 。別名手乗りタイガー。















それから時間は過ぎ去り放課後へ。竜児は進路調査票を一人出してない為に担任に呼び出されていたのでした。その担任も高須を勘違いで恐れているのでなんだか高須は可哀想です。


教室へ戻ると手乗りタイガーこと逢坂 大河が。竜児は不良と言われているものの、それは周りが勝手に作り上げた偽者。本当の彼は喧嘩どころか言い争いすらしたことないのです。むしろ、掃除とか大好きで家事とかも得意な家庭的な男なのです。絡まれる前に早く逃げようと思った竜児は鞄を取りました。



とらどら

大河「ちょっと待て!なにをする?」
竜児「なにって・・・これ俺の鞄。」





とらどら

大河「! もしかして・・・れれれ列っ。レレレ・・レッツ・・がぁ-!」
竜児「!?」










何とか一命を取り留め、家に着いた竜児は、教室で逢坂 大河が挙動不審だったわけをようやく理解しました。

とらどら

竜児「今の時代にラブレター・・。しかも中身・・・・入れ忘れたのか。」
あて先は竜児の親友 北村 祐作宛て。つまりまとめると、大河は北村に惚れていて告白のラブレターを鞄に入れた結果、うっかり列を間違え竜児の鞄に入れてしまったということでした。おまけに手紙の中は空っぽ。出し損です。
竜児「もしかしてあいつ、かなりのドジ?」










とらどら

するとどこから嗅ぎ付けたのか、大河が竜児の家へ侵入。木刀を振りかざしてきました。
目的は手紙所有者の証拠隠滅らしいです。





とらどら

大河「あれを知られてしまったからには私はもう生きていけない。死ぬしかない!」
竜児「だったら俺を殺すな!」
大河「死にたくないから殺すしかないの!」
竜児「っていうか入ってなかったんだよ中身!」








中身が入ってなかったことで一時休戦。大河は北村が好きで好きでたまらない事を竜児に話しました。竜児はその大河の真っ直ぐな気持ちを笑うことはありませんでした。

とらどら

大河「いまさらラブレターって時代遅れよね・・」
竜児「そんなことねぇ。これを見ろ!」




とらどら

大河「・・・なにこれ?」
竜児「俺が好きな女の子に捧げることを想定したモノが沢山詰まったものだ。彼女に捧げる自作MD、交換ノート、他多数。全部予定だけど!」



とらどら

大河「親愛なる櫛枝 実乃梨様 って。みのりにこれを渡すの?」
竜児「名前隠すの忘れてた!見るなよぉ!」


驚いたことに大河は櫛枝の親友でした。これは自分にとっても好機なのでは?




とらどら

竜児は大河と手を組みました。自分が北村と大河のキューピットを務める代わりに櫛枝との仲を取り合ってくれという恋愛同盟を。












とらどら

次の朝、大河に起こされた竜児は驚きます。なんと大河はお隣の豪邸マンションに住んでいたのです。竜児の家が分かったのもそのせいでした。




とらどら

家に入ると、部屋は散らかっていて台所は自主規制がかかる程の有様。これでは超家庭的な男 高須 竜児の血が騒ぎます。





とらどら

竜児「大河ぁ!今すぐ俺に台所を掃除させてくれぇええええ!」






とらどら

大河の家はお金持ちですが、両親は共働きでほとんど家に帰らないらしく、家事などできない大河はコンビニ弁当で日々食い繋いできたらしいです。






とらどら

竜児「いただきます は?」
大河「世界の食糧生産者の皆様!いただきます!」




二人の物語はここから始まりました。






スポンサーサイト
Comment
これって原作知らないけどどっちか失恋から二人が惹かれ合うようになるっていう王道な気がするぜ!
wiki見たら王道じゃないっぽいよ。アニメはどうだろうか・・・
あれ、これって完結してる作品なんだっけ?まだ発刊されてたような気もするけども。
あ、今期ものだめは安定して見れますよーと書いてみるテスト。
多分まだ連載中だよ。まぁ王道臭がするのは事実だけども、それを覆しそうで俺の中で神アニメになる予感w

のだめはドラマ派だったから観てないわー( ´Д`)
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ユキ・イオリ

Author:ユキ・イオリ
『今まで仕事頑張ったからほんの少し羽を伸ばそう!」と言ってから、3ヵ月が経過。未だに羽を伸ばし続けている』

アニメ、漫画のレビューを書いていきます。

最新ランキング
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
カテゴリー
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。