HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  日記  »  3/20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/20

みなみけ

暇すぎて暇です(?)

なんだか今振り返ってみると、入院騒動の話が結構ネタなことに気づいたのでお話しようと思います。


28日の夜、ちょうどアライブのレビューを書いた後に事件は起こりました。


みなみけ

「なんか腹イテェ・・・」
う○コかと思い、とにかく就寝。出たくなったら行けばいいという自分の体を任せた作戦です。

しかし、いつになっても腹痛は止みません。しまいには気分が悪くなってきました。
普段は風邪を引いても嘔吐なんて15年経験がない私でしたが、その日は便器がマイワイフ。トイレで吐きまくりでした。午前4時になっても腹痛と嘔吐の勢いは止まらなかったので、ここでやっとこ異変に気づく




みなみけ

「俺ヤバイんじゃねぇの!?」

すぐさま母を起こして病院へ直行。親が俺を置いて車を置きに行っている時に小さな壁が立ちふさがる。




00

受付「ではここにお名前、年齢、性別、住所、電話番号をお願いします。」

おいおい、俺のこのフラフラな姿を見てそれをいうかww
ふ、いいのかいそんな要求して?今少しでも気を抜くと俺の口から黄金のタレがお前にダイレクトだぜ!?


↑実際にこんなことを思ってたのでまだちょっと余裕があったのだと思います。フラフラながらも殴り書きで喚問を突破しました。




しかし、診て貰っても原因は分からず、1日経ってしまいました。色々な科を1日使って回りましたが、どこも ┐(´ー`)┌ な結果で、腹をいじくり回されて痛いだけでした。入院しようにも場所がないとのことで、近所の病院へ移送されることになりました。

2日経っても原因は分からず、一応「食あたりみたいなもの」で型がつきそうでした。それでも私の容態は変わらず、腹痛と嘔吐の2段攻撃。さらに熱も出てきて、3段攻撃になりました。熱も最高記録夢の41℃を記録しました。






B病院へ移送されて3日目、容態は急変。腹が急に激痛に襲われました。先生を呼ぼうにも不幸なことにその日は土曜日。先生は午後からwwこの時マジで泣いた「使えねーww」
 しかし、半端ない痛みだったので先生に診てもらうしかない。ナースコールで看護婦さんに「先生をはよ呼んでください」としつこく呼びまくった。正直これしか私にはできませんでした。あまりに痛さに呼吸困難になってました。死にそうではなくても気絶しそうでしたww

看護婦さんは先生の現在地をめんどくさがることなく教えてくれました。
呼ぶごとに違う人なんですが、一人明らかにおかしい発言が・・・・



00

30分後「今車で向かってますからね」
40分後「今急いで来ますからね」
1時間後「もうすぐですからね」
1時間10分後「今先生着きましたからね。もう少し待っててね」
1時間20分後「今車で急いでこっちへ向かってますからね」





Ci070716020649.jpg

「さっきの野郎嘘ついてんじゃねぇかああああああww!!!」




1時間30分くらいで先生到着。俺の腹を見て即答。

Ci030120165549.jpg

先生「これはすぐに手術をしなければ!」

「当たり前だー。こんな痛み薬で治るわけぇえええ!!」

ということで、始めに行った病院へ戻ることに。ここの病院では機材が足りないみたい。初めて救急車に乗りました。\(^o^)/わーい






着いたら即座に手術。全身麻酔をかけられ、気がついたときには手術は終わっていました。
原因が腹を切るまで分からなかったため5つくらいの可能性があったそうです。最悪の場合には人工肛門もあったそうな('A`)コエー

結局盲腸の腹膜炎でした。自分が盲腸だなんて1ミリも思ってなかっただけにびっくりでした。盲腸を知る人から聞けば、そこまで症状が出ているのになんで分からないんだ?と疑問の一言でした。親父は俺が手術中に売店で買った松屋のまんじゅうにハマったようでした。





当然入院生活が始まるのですが、その夜がまた大変でした。
腹に管が3本入っていて、点滴に鼻に管が通ってます。その管を寝ぼけて取ってしまうことを防ぐために手にはキッチンミトンみたいなものを装備。
呼吸を止めないために酸素マスクを装着。っつーかこれイラネw



らくがき

言葉だけじゃ伝わらないと思うので書くとこうなります。
トドメに熱が40度なので辛すぎるwしかも、手術直後なので飲食禁止、水が飲めないw喉渇いたww

思わぬ所に孔明の罠がありました。水枕やお凸に冷やす水タオルを変えてもらおうとナースコールを押そうとするのですが・・・・




00

「・・・・ミトンのせいで押せない・・・・」

なんという孔明の罠wミトン親指も出てないから掴めないし押せないww
痛み止めの効き目も切れてきたw腹wwイタww誰か助けてwwボスケテwwww















みなみけ

こんな感じで大変でした。
今はほとんど回復し、このように日記かけるほどに回復しました。
まだ糸抜いてないので、少し痛いですがもう飯食えるので心配ないです。
盲腸イタカッタヨー



スポンサーサイト
Comment
ちょwwwwww
想像しただけで足がすくんだ

先生使え無すぎて吹いたwwww

無事でよかった・゚・(ノд`)・゚・。
肝心な時に医者使えNEEEE
てか、詳細kwskとかほざいてすんませんでしたorz
無事で何より。
>ころたつさん
A病院もB病院も盲腸に気づいてくれなかったのには泣いたwおかげで2週間飯食えなかったぜww


>レーツェルさん
医者って案外いざという時使えないものなのかもね?w
気にしてないからいいよ^^

心残りは物理とプログラミングの追試が受けられなかったことだぜwwOTL
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ユキ・イオリ

Author:ユキ・イオリ
『今まで仕事頑張ったからほんの少し羽を伸ばそう!」と言ってから、3ヵ月が経過。未だに羽を伸ばし続けている』

アニメ、漫画のレビューを書いていきます。

最新ランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
カテゴリー
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。